脳科学の見地から子どもの遊びについて検証します。

現代社会で健全な脳を育てるためにLaQにできること

私たち人類は20万年もの歳月をかけ、五感をフル活用し文明と子孫を育んできました。そのなかで子供たちも五感をバランス良く活動させることで倫理観や情緒観等の人間的感情を育んできました。ただ最近の急速なIT化の波は、視覚刺激を中心に従来の人間の営みとは次元の違う脳の情報処理を人に要求していることが、最近の脳の研究から明らかになっています。昨今の様々な社会問題も技術の進歩に人間の身体的適応が追いついていない一側面ではないでしょうか。このような観点からわたしたちは「子供の遊び」の現代的意味を再定義し、子どもの生活環境を見直すことが今まさに必要であると考えています。




専門家の分析その1

LaQは子どもたちの脳の発育を促進する。
日本大学教授 医学博士:森 昭雄

LaQ(ラキュー)は、子どもたちの脳の発育を促進させます。これは、形、色を記憶する場所である側頭連合野、空間位置に関係している頭頂連合野や指や協調運動に関係している小脳や運動野などの発達を育むのです。さらに、LaQ遊びによって形、色の情報を前頭前野に情報を送り、ここでないものを組み合わせ創造し、手順、意思決定しているのです。私は、LaQで遊んでいる子どもたちの脳の動きを調べた結果からも、右脳および左脳ともに神経ネットワークが活発化していることを確認しました。LaQは、脳の発達には理想的な遊びの一つであり推奨できるものです。できれば、親子で会話をしながら遊ぶことが親子の絆も強まり理想的です。




LaQと脳の関係

LaQ(ラキュー)で遊ぶことにより、直感脳・無意識脳といわれる右脳で、想像力、表現力、色彩感覚を。言語脳・意識脳といわれる左脳で、集中力、数学的思考、論理的思考をそれぞれ身につけられる効果があります。左の写真は、小学二年生の男の子、安静時の脳の状態(上)とLaQで遊んでいる時の脳の状態(下)を時系列順に比較、赤い色のところが脳が最も活動している部分です。LaQで遊んでいる時は、安静時に比べて右脳左脳から脳全体がバランス良く活発に活動している様子が観察されました。

LaQと脳の関係

安静時


LaQで遊んでいるとき

LaQ(ラキュー)で遊ぶことにより、直感脳・無意識脳といわれる右脳で、想像力、表現力、色彩感覚を。言語脳・意識脳といわれる左脳で、集中力、数学的思考、論理的思考をそれぞれ身につけられる効果があります。左の写真は、小学二年生の男の子、安静時の脳の状態(上)とLaQで遊んでいる時の脳の状態(下)を時系列順に比較、赤い色のところが脳が最も活動している部分です。LaQで遊んでいる時は、安静時に比べて右脳左脳から脳全体がバランス良く活発に活動している様子が観察されました。






専門家の分析その2

楽しみながら「算数の基本」を身につける

公益財団法人 日本数学検定協会認定
数学コーチャー&幼児さんすうエグゼクティブインストラクター
幼児さんすうスクールSPICA® 代表:大迫 ちあき

幼児期の学びは、日常の遊びの中で楽しみながら、手指を使って体験することが何より大切です。幼児算数には「かず」「かたち」「すいり」がありますが、そのすべてをLaQで身に着けることが可能です。 教室では、まずLaQのパーツをパチパチと繋げることで「集中力」を高めています。「数の概念」「数量感」はもちろん、順番に並ぶ決まりを見つける「規則性」、順序立てて組み立てていく「論理的思考力」、平面パーツから立体図形をつくることで「空間認識力」を育てています。そして、沢山考えていろいろ試行錯誤しながら、自分のイメージを自由に形にすることで「創造力」や「想像力」も養うことができます。 子ども達は「あ~楽しかった。」「もっとやりたい」と言いながら、知らず知らずのうちに算数の基本を身に着けていくのです。




有名教育誌に多数連載!数百人以上の子どもを「算数好き」に育てた話題の算数講師

大手個別指導塾で中学受験算数の担当講師として指導後独立。 東京・恵比寿で未就園児~中学・高校生までの学習教室「SPICA®」を運営。 幼児さんすう指導者養成スクールも開講し、講師の育成にも力を注いでいる。 「LaQ さんすう」「LaQ かず・かたち」の商品企画・監修。

有名教育誌に多数連載!数百人以上の子どもを「算数好き」に育てた話題の算数講師

大手個別指導塾で中学受験算数の担当講師として指導後独立。 東京・恵比寿で未就園児~中学・高校生までの学習教室「SPICA®」を運営。 幼児さんすう指導者養成スクールも開講し、講師の育成にも力を注いでいる。 「LaQ さんすう」「LaQ かず・かたち」の商品企画・監修。